同友会ニュース−行事案内

【09.01.07】1月新春例会のご案内

1月新春例会

 あけましておめでとうございます。
2009年の幕が明けました。中小企業にとってかつてない厳しく、緊張感のある年ではないでしょうか。今後の経営の舵取りに科学性と慎重さが求められます。

 新年スタートの例会は、慶應義塾大学 教授 植田 浩史氏をお招きしての企画です。
植田教授は、40歳代の気鋭の中小企業研究者です。大阪同友会(八尾市)、北海道同友会(帯広市)での『中小企業振興基本条例』制定にいたる運動にも、絶大なお力添えをいただいた方でもあります。又、中小企業の現場を数多く訪問され、中小企業経営の現実にも精通されています。
 新春講演では、実際に植田教授がごらんになってきた中から、激変の中でもたくましく生き抜いている企業の姿と、その真髄についてお話しいただきます。
新年最初の例会でもあります。難局を生き抜く経営戦略を学びあいましょう。

ご案内

新春講演テーマ
『激変の中、どのような存在意義をめざすのか』
~同友会企業の先進性と可能性にふれて~


講師 慶應義塾大学 教授 植田 浩史氏(中小企業論・経営史・産業史)

日時 1月24日(土)15:30~21:00(15時~受付開始)

会場 シャインプラザ 平安閣秋田(秋田市山王2-4-15 TEL018-863-1122)

会費 新春講演  1,000円(会員外1,500円)
   新春懇親会 5,000円

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースのインデックスへ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
RSS