同友会ニュース−活動報告

【12.04.18】第3回中堅幹部研修会

将来を担う大切な社員さんたち

   4月11日(水)第3回中堅幹部研修会が会員のアキタパークホテルで開催しました。
13社から中堅幹部29名、経営者、事務局合わせて44名が参加しました。

 日野社員共育委員長から「今日参加された中堅幹部の皆さんは、各社にとって、将来を担うとても大切な社員さんであり、信頼され期待されていると思います。自分自身を振り返るよい機会として、本音で語り、自分に対する気づきを得て今後の仕事に生かして欲しいと思います」と開会の挨拶がありました。

今回も例年同様、チームワークを学ぶ『ブロックゲーム』をはじめ、中堅幹部、経営者両者からの報告を頂き、それを受けたグループ討論を行ない理解を深め合う企画としました。

今回はいつもと違う・・・!?

 チームワークを学ぶ『ブロックゲーム』では、各チームとも、特に強くリーダーシップをとる人がいなくとも、自分が何をやるべきか役割分担が自然と出来、チームのメンバーの不得意な面をフォローしていく姿勢が見られました。
 6グループで編成し4チームが完成、2チームが未完成でした。完成したチームからのグループ発表を聞くと、
「自発的に自分のやるべき事が出来上がり、皆が一致して動いた。またチームの一員が出来ずにいると、フォローに廻るという全体を見ていくという配慮もできた。そのことがチームワークの強化にもつながり、目的に向かって一つになれた」との感想が上がりました。
反対に未完成に終ったチームからは、「段取りが上手くいかず、コミュニケーション、チームワークが上手くとれなかった」との反省の声が上がりました。

まずは完成品を頭に入れる

 

作戦会議

 

いざ実践

 

 

中堅幹部社員 後藤祐太さんから報告

  第2講は中堅幹部社員による報告と討論
㈲日野 牛玄亭 副店長 後藤祐太さんから「この仕事で、がんばっていこうと、腹を決めた時」と題して報告。

どういう会社なら安心なの?

  『お客様から寄せられる喜びの声、感謝の気持ちを受け止めて頑張ろう』
『今の会社で働いていけるのだろうか?どういう会社なら安心して働いていけるのかを社内でグループ討論してみたい』

 

「仕事って、何だろう」

  第3講は経営者からの報告と討論
㈲たかえん 高橋 基専務取締役から「仕事って、何だろう」 ~ 喜ばれる仕事、やりがいのある仕事 ~と題して報告。

・今までお金を得る為に仕事をすると考えていた。今回それだけではないことに気づかされた。
・やっぱり自分は、お客様や仲間、自分の店や自分自身の力を必要としている人のために頑張ろうと再認識するので精一杯。
・誰に喜んでもらいたいのか、必要とされているのか本当に一人一人違うのだな。
と感想が寄せられました。

今回の研修会を通して学んだ事

  全体を通して寄せられた感想からは、
『業種の異なる初対面の方たちと力を合わせ、ともに考え、作業をする喜びを分かち合うことの素晴らしさを味わった』

『ブロックケームで感じたように自然な目的意識の共有と、チームワークの体験を、日常業務でも感じられたらいいなと思った』

『正直学んだというより、いろんな事を考えたり考えなおしたりするいい機会だった。仕事の仕方や、考え方の幅が広がった』
など、自分達の会社につなげていける新たな気づきが、見い出された研修会のように感じました。

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースのインデックスへ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
RSS