同友会ニュース−活動報告

【14.04.07】秋田同友会 合同入社式

初めて開催した合同入社式

   4月1日(火)、共同求人委員会と社員共育委員会が合同で主催した、秋田県中小企業家同友会『2014年合同入社式』が、会員企業の秋田キャッスルホテルを会場に行いました。初めての開催に、8社から18名の新入社員が参加しました。参加企業の経営者、見学も併せて25名が参加し、総勢47名で歓迎しました。

経営社も社員も学びあいの場

   古川 渉共同求人委員長が「同友会では経営者と社員が共に育ち合う事を活動の原点としています。皆さんが入社してくれたことで、経営者としても、様々な事に気づかせられると思います。困ったことがあるならばどんなことでも、先輩社員や、経営者に気楽に相談して欲しい、喜んでお応えする事と思います。共に、頑張ってゆきましょう」と開会の挨拶。

 その後、会社ごとに新入社員一人ひとりが壇上に上がり、名前を呼ばれると緊張ながらも明るく力強い返事でお応えしました。

自信につながる行動を

   先輩からの激励の言葉では、昨年度入社した㈲佐藤徳太郎商店の田中あゆみさんが、「明るく、素直な気持ちで仕事に取り組みましょう。わからないことはそのままにせず、きちんと聴き、一人でこなすことが出来ると自信につながります」と激励しました。

理念に感動!自身も邁進していきたい

   これに対し、新入社員を代表して、㈲日野 堀 祐希乃さんが「わが社の経営理念『すべてはありがとうから始まる』です。私も、お客様から『ありがとう』と言って頂けるように、相手を思いやり、細やかな事に気遣いができ、自らも笑顔の似合う人になれるように努力します」と抱負を述べました。

  新入社員達は、会場を変え1泊2日の研修に励みました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースのインデックスへ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
RSS