同友会ニュース−活動報告

【14.10.21】4番目の地区会が発足!

156名で秋田地区会が発足

   秋田同友会が発足して10年目の10月17日(金)、4番目の地区会、『秋田地区会』が156名の会員で誕生しました。
 当地区会は、秋田同友会発足時から活躍してきた地区で、県庁所在地の秋田市を中心とし、沿岸南部の由利本荘市、にかほ市も地区会の活動範囲となっています。

   以前から、例会や各委員会の活動が秋田地域を中心に行われている現状を踏まえて、地区会組織と、全県組織での活動を明確にし、もっと深く地域の会員達と関わり、活動をしてゆきたいとの思いで今年の3月から、6回の打ち合わせを重ねて、地区会立ち上げの準備をしてきました。

『小グループ活動』を更に発展させよう!

 

 87名の参加者で迎えた設立総会では、これからの活動方針と、地区会を担う32名の地区幹事が承認されました。
 当地区会は唯一、『小グループ交流活動』が行われている地域であり、今後とも継続発展させ、仲間同志の結びつきを強めていくことを確認しましたま。

社員一人一人が輝く会社組織に

   第二部の記念講演は、齊藤 民一代表理事(蟷葦謬ヽ 代表取締役社長)より「航空機産業に挑む、中小企業の心意気を語る」〜 激変の時、今こそ同友会で学びあい伸びる企業をめざそう 〜と題して講演。
 齊藤さんは、多様化したこの時代に求められる事として『社員一人ひとりが成長できる会社づくり』が、大事な事ではないか」と語り、経営理念に裏打ちされた社内での取り組みをお話しして下さいました。
 また、仕事づくりという事に関して、人々が快適に生きていくために、大企業が取り組まない中小企業だからこそできる隙間産業を掘り起こし、一社では出来ない事を、企業間連携でビジネスに繋げていくことが出来れば、まだまだ市場の発掘は可能だと、今後の展望を語り地区会発足への弾みをつけました。

「よい会社」で、地域を発展

 

 懇親会では、設立総会で秋田地区会長に選任された武田 亨氏(税理士法人RINGS 代表社員)からは「同友会の三つの目的、『1.よい会社をつくろう』、『2.よい経営者になろう』、『3.よい経営環境をつくろう』にむかって、日々の例会や委員会活動で学び、それを自社に持ち帰り実践し、一社一社が『よい会社』に、そしてそのことで当地区会が『発展』していける、このような関係性を築いてゆきたい」と挨拶をされると盛大な拍手でもって、今後への期待を寄せました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースのインデックスへ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
RSS