「売上」が伸び悩んでいる
「採用」がうまくいかない
「社員教育」に悩んでいる
「経営計画」が立てられない
専門家に相談したい
数字に弱くて現状が解らない
自社を上手に発信したい
NEWS
お知らせ
同友会に入会して、会社が変わった「ストーリー」

  • 齊藤 民一
    株式会社 三栄機械

  • 佐藤 進幸
    有限会社 佐藤徳太郎商店

  • 有限会社 日野
    日野 亨
CASE STUDY 01
SAITOH TAMIKAZU
夢ある職場づくりと
付加価値創造
会社をめざして
(株)三栄機械は一九七一年に創業し、従業員は八十九名の機械設計製作を行う会社です。本社のある由利本荘市は大手総合電子メーカーであるTDKなどをはじめとする企業城下町です。競合他社が多く存在する地域で、他社のやらない仕事づくりを徹底してきました。
他社と同じものをつくるのでは、競争が激しく利益も少ない。人のやらないことをする事業分野の多角化が(株)三栄機械の強みです。その技術はトヨタ自動車東日本(株)のハイブリッド車のための生産設備の一部や川崎重工業(株)とのバイオエタノールプラントの一部設計、製作、据付、南極の昭和基地に設置する風力発電装置の製作など多岐に渡って活用されています。
CASE STUDY 02
MICHIYUKI SATOH
新卒採用で
会社が変わった
佐藤進幸((有)佐藤徳太郎商店代表取締役)が秋田同友会に入会したのは7年前(2009年)。近所で会社経営をしている幼稚園からの同級生が、同友会の役員として活躍している姿を見ていて「お前も入らないか」と誘われ、「会社の後継者として経営の勉強をしてみるのも悪くないな」と感じたからでした。
まもなく出席した例会で、先輩会員から「10年後の自社が、どうなっているか考えたことはありますか」と問われました。「改めて考えてみると、当時の社員20名のうち11名が70歳を超える年齢になることに気づき、青ざめました」と佐藤氏は言います。
CASE STUDY 03
TORU HINO
完成のない企業づくり
13年前の2005年4月、全国47番目の同友会として秋田県中小企業家同友会が誕生しました。
ちょうど私が2代目経営者として歩み始めた頃と重なり、2008年4月に縁を頂き同友会に入会しました。当時想像もしませんでしたが、正直この同友会との縁が私を変えることになります。
貧しい家庭に育ち家業の小さな精肉店を20歳で継ぎ、たたき上げで商売を覚えた20歳代、町の商店街と精肉店の未来に危機感を覚え外食産業へと進出し闇雲に挑戦し働いた30歳代、同友会と出会いそれまでの未熟な経営姿勢に気づかされ学び治してきた40歳代、経営者としての学びの中で確信を覚え自社の再生へと取り組み始めた50歳代。
今55歳にして遥か遠き経営者としての道程を、のたうち回りながら同友の仲間達と共に学び楽しんでいます。
良い会社をつくろう! 良い経営者になろう! 良い経営環境をつくろう!
「中小企業の自主的な努力と団結のチカラで、中小企業を守り、日本経済の自主的な発展を目指そう」と1957年(昭和32年)に日本中小企業家同友会(現東京同友会)が誕生しました。秋田県中小企業家同友会は、2005年に全国で最後となる47番目にできました。98名の経営者が呼びかけあい創立され、現在県下5地区会に380名(2018年5月現在)の経営者が参加し、「経営体質の強化」「経営者の能力向上」「経営環境の改善」を目指して活動しています。
ACTIVITY /秋田同友会の活動
2019
10/29
秋田市
秋田県中小企業家同友会 秋田県中小企業家同友会
秋田地区会 10月地区例会 会員交流会
入会してよかった!体験報告
《テーマ》同友会が会社と経営者の役に立った!
~あらためて知ろう 様々な同友会の活用法~
■報告者:㈱丸栄堂 三浦大英社長(仙北市) 『新規お客様獲得!売り上げ倍増!』
■報告者:㈱サンエスコミュニティ佐藤貴俊社長(秋田市) 『社員に仕事を任せられるようになった!』

秋田同友会の会員の皆さん、こんにちは!10月の秋田地区会は組織委員会とのコラボによる会員交流例会を企画しました。同友会には経営者の皆さんや、社員さんが例会や研修会を通して学ぶ機会がたくさんありま...

2019
10/16
横手市
秋田県中小企業家同友会
県南地区会 10月地区例会 インターンシップ研修・会員交流会のご案内
「地域ベンチャー留学」
~若者と企業が本気のプロジェクトに取り組むコーディネーターとして~
■報告者:特定非営利法人 みらいの学校 副代表理事・インターンシップコーディネーター 崎山健治氏 (羽後町)

10月の地区例会は、羽後町を拠点に活躍されているNPOみらいの学校の副代表理事、崎山健治さんを講師に迎え、インターンシップを学ぶ研修会と会員交流会を合体させて開催いたします。羽後町では、多くの地...

2019
09/26
仙北市
秋田県中小企業家同友会 秋田県中小企業家同友会
仙北地区会 第5回 会員交流会のご案内
■報告者:(株)万景(ばんけい) 代表取締役 西宮幸治 氏 
■報告者:(有)青柳家 代表取締役 高橋佐知 氏 

今期2回目の会員交流会を開催いたします。会員同士で気軽に学びあい語りあえるのが会員交流会です。今回、5回目のミニ報告は、西宮幸治さんと、高橋佐知(さおき)さんです。自己紹介と企業経営で挑戦してい...

2019
09/24
秋田市
秋田県中小企業家同友会 秋田県中小企業家同友会
秋田地区会 9月地区例会 求人懇談会のご案内
今月は共同求人委員会とのコラボ地区例会です
『持続可能な地域社会をめざして』
~生徒達の期待と不安、一歩を踏み出す鍵は? 地元企業への期待と希望を語る懇談会~
■報告者:秋田県立由利工業高等学校 教諭 進路指導主事 工藤直樹 氏
■報告者:秋田県立金足農業高等学校 進路指導室 就職支援員 稲舛勝久 氏

9月の地区例会は、共同求人委員会とのコラボ例会を企画しました。高校生の企業先への推薦が9月5日から始まり、選考は16日を皮切りに始まります。昨今、県内就職志望率が、以前より高まっているという朗報...

2019
09/20
大仙市
大仙美郷地区会 第4期 第3回 9月地区例会のご案内
「事業定義!?を考える」
~お客様が本当に必要としていることにフォーカス!!~
■報告者:(株)ドラグーン 代表取締役 鎌田 学 氏 

前略 大仙美郷地区会では、今期『参加型・実習型』の例会を開催していくという活動方針に沿って、今後6回シリーズで企画していきたいと思います。

第二弾の9月は、「自社の事業定義を考える...

2019
09/19
湯沢市
秋田県中小企業家同友会 秋田県中小企業家同友会 秋田県中小企業家同友会
県南地区会9月地区例会 第64回経営のヒントを学ぶ会
『外国人労働者・技能実習生の採用企業に学ぶ』
 ~やってみて判ったこと、取組みの留意点など~
■報告者:(株)ジェイシイエフ 代表取締役 阿部 功 氏(羽後町)
■報告者:(株)クツザワ 代表取締役 沓澤 淳利 氏 (横手市)
■報告者:(株)小野建設 代表取締役 小野 雅敏 氏 (羽後町)

今回は外国人労働者・技能実習生の採用企業から学ぶ地区例会を開催いたします。4月から出入国管理法が改正され、外国人労働者や技能実習生への関心が高くなっています。すでに国内には146万人の外国人が就...

2019
09/05
秋田市
秋田県中小企業家同友会
青年部会「あすか会」 第40回会合のご案内
「成長のきっかけはどん底の体験」
~価値観が変われば、未来が変わる!中堅社員の実践 ~
■報告者:税理士法人RINGS 監査第1課課長代理 立石 勇太氏

あすか会会員の皆様には、お元気にご活躍のことと存じます。9月のあすか会は、税理士法人RINGSの立石勇太さんのご報告です。立石さんは平成元年秋田市生まれ。県外の専門学校卒業後、平成22年武田亨税...

生きた経営実践を通して「学びあう」
「問題意識を研ぎ澄ます」×「学び方を学ぶ」×「実践する」
同友会における日常活動の最大の特徴は「学びあう」ことにあります。悩みや問題に対して前向きに解決のヒントを得たい。それには、同じ中小企業家として共通の立場で努力し、成果を上げている方から学ぶのが一番です。同時代を生きる経営者として共通の土俵におきかえ、自社と対比させ、自社に何をどう取り入れるかという姿勢でのぞむことです。そのためには、常に問題意識を研ぎ澄ましておくことでしょう。問題意識の鋭さ、自社に必要なものを取り入れようとするどん欲さが「学ぶ力」になります。また同じ話を聞いても聞き方=学び方の違いがあり、そこから「学び方を学ぶ」ことができます。学んで実践、成果を上げ、そのことをまた同友会で報告し検証する、このサイクルが企業を良くしますし、また同友会の活性化の原動力です。
地区会活動
県下5地区会がそれぞれ地区例会などを行い、お互いの知恵と経験を腹蔵なく語り、交流し、学びあっています。

委員会活動
経営労働委員会、共同求人委員会、社員共育委員会、広報委員会、組織委員会、企画運営委員会の6つで構成され、専門的な活動を行います。
部会活動
青年部会「あすか会」、男女共生部会「きらめき」が活動を行っています。


  • e.doyu akita
  • 同友会アプリ DOYU NAVI
  • 企業探訪
  • 中小企業家同友会 就職情報サイト Jobway