「売上」が伸び悩んでいる
「採用」がうまくいかない
「社員教育」に悩んでいる
「経営計画」が立てられない
専門家に相談したい
数字に弱くて現状が解らない
自社を上手に発信したい
NEWS
お知らせ
同友会に入会して、会社が変わった「ストーリー」

  • 齊藤 民一
    株式会社 三栄機械

  • 佐藤 進幸
    有限会社 佐藤徳太郎商店

  • 有限会社 日野
    日野 亨
CASE STUDY 01
SAITOH TAMIKAZU
夢ある職場づくりと
付加価値創造
会社をめざして
(株)三栄機械は一九七一年に創業し、従業員は八十九名の機械設計製作を行う会社です。本社のある由利本荘市は大手総合電子メーカーであるTDKなどをはじめとする企業城下町です。競合他社が多く存在する地域で、他社のやらない仕事づくりを徹底してきました。
他社と同じものをつくるのでは、競争が激しく利益も少ない。人のやらないことをする事業分野の多角化が(株)三栄機械の強みです。その技術はトヨタ自動車東日本(株)のハイブリッド車のための生産設備の一部や川崎重工業(株)とのバイオエタノールプラントの一部設計、製作、据付、南極の昭和基地に設置する風力発電装置の製作など多岐に渡って活用されています。
CASE STUDY 02
MICHIYUKI SATOH
新卒採用で
会社が変わった
佐藤進幸((有)佐藤徳太郎商店代表取締役)が秋田同友会に入会したのは7年前(2009年)。近所で会社経営をしている幼稚園からの同級生が、同友会の役員として活躍している姿を見ていて「お前も入らないか」と誘われ、「会社の後継者として経営の勉強をしてみるのも悪くないな」と感じたからでした。
まもなく出席した例会で、先輩会員から「10年後の自社が、どうなっているか考えたことはありますか」と問われました。「改めて考えてみると、当時の社員20名のうち11名が70歳を超える年齢になることに気づき、青ざめました」と佐藤氏は言います。
CASE STUDY 03
TORU HINO
完成のない企業づくり
13年前の2005年4月、全国47番目の同友会として秋田県中小企業家同友会が誕生しました。
ちょうど私が2代目経営者として歩み始めた頃と重なり、2008年4月に縁を頂き同友会に入会しました。当時想像もしませんでしたが、正直この同友会との縁が私を変えることになります。
貧しい家庭に育ち家業の小さな精肉店を20歳で継ぎ、たたき上げで商売を覚えた20歳代、町の商店街と精肉店の未来に危機感を覚え外食産業へと進出し闇雲に挑戦し働いた30歳代、同友会と出会いそれまでの未熟な経営姿勢に気づかされ学び治してきた40歳代、経営者としての学びの中で確信を覚え自社の再生へと取り組み始めた50歳代。
今55歳にして遥か遠き経営者としての道程を、のたうち回りながら同友の仲間達と共に学び楽しんでいます。
良い会社をつくろう! 良い経営者になろう! 良い経営環境をつくろう!
「中小企業の自主的な努力と団結のチカラで、中小企業を守り、日本経済の自主的な発展を目指そう」と1957年(昭和32年)に日本中小企業家同友会(現東京同友会)が誕生しました。秋田県中小企業家同友会は、2005年に全国で最後となる47番目にできました。98名の経営者が呼びかけあい創立され、現在県下5地区会に380名(2018年5月現在)の経営者が参加し、「経営体質の強化」「経営者の能力向上」「経営環境の改善」を目指して活動しています。
ACTIVITY /秋田同友会の活動
2024
05/16
秋田市
第20回定時総会
キンミヤ焼酎の宮﨑会長が語る
~業界慣習を打破する正統派異端系のブランディング~
■報告者:株式会社 宮﨑本店 代表取締役会長 宮﨑由至氏

 東京下町の居酒屋で壮大な人気を誇る「キンミヤ焼酎」。「下町の名脇役」というブランドイメージは、創業170年を超える老舗であっても業界の異端であることをいとわず、顧客ニーズに応える商品を提供しつ...

2024
04/23
秋田市
女性部会 第5回総会
『 あきた舞妓の挑戦 』
~日本文化の伝統を守り、進化した花柳界を支える担い手として~
■報告者: 株式会社せん 副支配人 飯牟禮 叡美(いいむれさとみ)氏

 第5回総会の講師は、株式会社せんであきた舞妓を支える仕事をされている飯牟禮叡美(いいむれさとみ)さんをお迎えします。首都圏の大企業に就職する学生が多い国際教養大学(秋田市雄和)の卒業生ですが、...

2024
04/19
横手市
秋田県中小企業家同友会
県南地区会  4月地区例会
『任せる勇気と応える気概』
~「絶対的信頼」が会社を変える~
■報告者:㈱柴田畜産 代表取締役 柴田 諭氏
■報告者:㈱柴田畜産 営業部長 菅原 芳隆氏

 4月の例会は (株)柴田畜産の柴田諭社長と営業部長 菅原芳隆さんにご報告をお願いしました。食肉処理業・卸を本業とする柴田畜産さんは、2019年に新規事業として焼き鳥店を開始。現在は「焼き鳥シバ...

2024
04/18
能代市
能代山本地区会 4月例会
「若手経営者の挑戦!会社を黒字体質に変えた取り組み」
■報告者:佐藤食品(株) 代表取締役社長 佐藤賢一氏

 4月の地区例会は、佐藤食品(株) 佐藤賢一社長に報告をお願いしました。佐藤社長は2011年に第4期経営指針を創る会を受講し経営指針書を作成、現在も経営指針書を作成し会社経営をされています。佐藤...

2024
04/11
秋田市
青年部会あすか会 第16回総会
「クラフトサケ製造を起点に、男鹿のまちを未来に繋ぐ」
■報告者:稲とアガベ株式会社 代表取締役 岡住修兵氏

記念講演は、日本酒界の超新星「稲とアガベ株式会社」代表の岡住修兵さんにお願いいたしました。大学経営学部で経営者としてのあり方を学んだ上で、いずれは日本酒に関する事業を立ち上げようと模索し、男鹿に...

2024
03/26
湯沢市
県南地区会 3月地区例会
「 育てながら育てられてきた漆と私の15年 」
~ 在りたい生き方を探して ~
■報告者:漆とロック (株) 代表取締役 貝沼 航氏

報告者の貝沼さんは畑違いの分野から約15年前より減産、減収が続く伝統産業の復興に挑戦し続けています。そこで模索し続けてきた自らの”在りたい生き方”から、私たちは、課題先進県であるこの秋田の中で、...

2024
03/05
男鹿市
秋田県中小企業家同友会 秋田県中小企業家同友会
男鹿南秋地区会 3月会員交流会
私の会社はこういうことをやっています!
■報告者:(株)八郎めん 取締役専務 杉淵一志氏
■報告者:松田自動車興業(株) 代表取締役 松田純一氏

3月の地区例会は、『地区会員のお互い知る』ということを念頭に、会員交流会を開催します。報告者は以下のお二人です。
(株)八郎めん 取締役専務 杉淵一志さん(麺類製造業)
...

生きた経営実践を通して「学びあう」
「問題意識を研ぎ澄ます」×「学び方を学ぶ」×「実践する」
同友会における日常活動の最大の特徴は「学びあう」ことにあります。悩みや問題に対して前向きに解決のヒントを得たい。それには、同じ中小企業家として共通の立場で努力し、成果を上げている方から学ぶのが一番です。同時代を生きる経営者として共通の土俵におきかえ、自社と対比させ、自社に何をどう取り入れるかという姿勢でのぞむことです。そのためには、常に問題意識を研ぎ澄ましておくことでしょう。問題意識の鋭さ、自社に必要なものを取り入れようとするどん欲さが「学ぶ力」になります。また同じ話を聞いても聞き方=学び方の違いがあり、そこから「学び方を学ぶ」ことができます。学んで実践、成果を上げ、そのことをまた同友会で報告し検証する、このサイクルが企業を良くしますし、また同友会の活性化の原動力です。
地区会活動
県下5地区会がそれぞれ地区例会などを行い、お互いの知恵と経験を腹蔵なく語り、交流し、学びあっています。

委員会活動
経営労働委員会、共同求人委員会、社員共育委員会、広報委員会、組織委員会、企画運営委員会の6つで構成され、専門的な活動を行います。
部会活動
青年部会「あすか会」、女性部会「きらめき」が活動を行っています。


  • e.doyu akita
  • 同友会アプリ DOYU NAVI
  • 企業探訪
  • 中小企業家同友会 就職情報サイト Jobway